ハンディ操作

ハンディ操作

ハンディの操作説明

携帯端末の上記画面のアイコンをタップします。

②ユーザーID、パスワードを入力し、ログインします。

上記画面ので、今から作業を行うSHOPを選択します。ピッキングリストでの出荷作業を行う際は【注文ID】、納品書(注文番号)でのピッキング作業を行う際は【注文番号】、送り状などの送り状番号でピッキング作業を行う際は【発送番号】を選択いたします。は【ダイレクト棚入れ】を選択します。

リングスキャナの電源をつけます(黄色ボタン長押し3秒)スキャナの青点滅が消え、携帯端末下部に「connect」と出れば、スキャナと携帯端末の接続は完了です。

画面右上の...を選択し、行う作業を選択します。

商品検索

商品のバーコードをスキャンすると、

同一商品がどこにあるか確認ができます。

結果画面はスクロールが可能です。

ロケ検索

ロケーションをスキャンすると、そのロケーションに何が何個あるのか確認できます。

結果画面はスクロール可能です。

ピッキング検品

出荷データの取り込み→引き当てをかけた後、

ピッキングリスト、納品書、送り状のいずれかをスキャンすると、ピッキングが開始されます。

①引当がかかった商品が保管されているロケーションが表示され、音声アナウンスが流れます。

②引当がかかった商品品番です。

③スキャンした品番が表示されます。正しければ、次の商品に指示が進み、間違っていればアナウンスとバイブレーションが作動します。

④出荷数量が表示されます。同一商品を複数回スキャンすると、カウントアップされます。

⑤引当がかかった商品名です。

⑥引当がかかった商品の個数です。

⑦引当がかかった商品バーコードの、下4桁が表示されます。

⑧キーボードを表示するボタンを押すと、キーボードが出てきます。手入力で数量入力も可能です。

⑨画面上部の赤・緑・青について

赤→イレギュラー処理数(欠品処理・通信障害により、ピッキング中断)

緑→作業中(現端末)のピッキング残り行数

青→出荷残り件数

になり、端末画面で出荷進捗が確認できます。

入荷検品

①入庫を行う商品のバーコードをスキャンします。

「なんでやねん」というアナウンスが鳴る場合は、スキャンした商品のマスタが未登録です。

②入庫したい数量を登録します。キーボードで数量入力。スキャンを続けて行う事で、カウントアップも可能です。

③入荷予定情報が登録されていれば、入荷予定数量情報が表記されます。予定情報がない場合は、予定外入荷の表記がされ、数量情報は表記されません。

④格納したロケーションバーコードをスキャンし、ロケーションを確定します。

完了すると、画面に「品番**をロケ**に**個棚入れしました」と画面に表示されます。

在庫移動

格納済みの商品を別ロケーションに移動します。

①移動元ロケーションのバーコードをスキャン

②移動したい商品バーコードをスキャン

③移動数量をカウントアップ、もしくは手入力で確定

④移動先ロケーションのバーコードをスキャン

ロケ移動

ロケーションにある全ての在庫を移動させたいときに使用します。

①移動元ロケーションのバーコードをスキャン

②移動先ロケーションのバーコードをスキャン

完了すると、画面に「ロケ*の在庫を**へ全て移動しました」と画面に表示されます。

棚卸

棚卸を行う際に使用します。※ロケーションごとの棚卸になります。

①ロケーションのバーコードをスキャン

②商品のバーコードをスキャン

③棚卸し数量をカウントアップ、もしくは手入力。入力できれば、確定ボタンで確定処理。

ロケーションにある全商品が完了するまで、①~③の作業を繰り返します。

④すべての商品カウント後、携帯端末画面上部の④をタップします。

カウント結果一覧が表記されます。【サーバーへ送信】をタップする。

完了したら、次の棚卸ロケーションへ移ります。

HOME

THOMASトップ画面に戻ります。

ユーザー

THOMASをアップデートする際に使用します。

ログアウト

ログアウトします。

終了

ログアウトし、アプリを閉じます。